mona recordsHOMENEWSLIVECD SHOPおんがく食堂GALLERYアクセスBLOG

 

アナタの作品を全国のCDショップで販売!

 

details

Temple of Kahn『GOOD LUCK EP』1

Temple of Kahn

GOOD LUCK EP

kilk records

CD (KLK-2052)

¥1296 (税込)

 

「バンドフォーマットで奏でる新しいダンスミュージック」をコンセプトに結成された、Temple of Kahn(テンプルオブカーン)のデビューEPが遂に完成。惜しくも昨年末に解散してしまったAureoleの森大地を中心に、他のメンバーもKAGERO、ex-THE ROAMERS、MUSQIS、WINDOWZなどの豪華メンバーが集結。音源発表前から早くも話題を集めていた。注目のそのサウンドはそれらのどのバンドとも異なっており、森大地が主宰するkilk recordsが最重要視している「独創性」を正に具現化したような作品となっている。アルバムのリードトラックでもある「Always Hope」から始まり、ダンサブルでどこかサイケデリックな「Sweeper」、先にYouTubeで公開し好評を博していた「Cut And Paste」、作品中最もポップで疾走感のある「Passing Through The Gates」、複雑で鋭利なビートと浮遊感が絶妙に混在する「Levitate」、バンドサウンドが前面に押し出されていてライブでも人気の「The Reason」、音楽的な深みを感じるタイトルトラックの「Good Luck」まで、一寸の隙もない力作に仕上がっている。凝りに凝った先鋭的な手法を用いながらも、あくまでキャッチーに聞こえる楽曲は、Temple of Kahnならではの不思議な味わいと言えるだろう。これまではポストロック、エレクトロニカを中心にリリースをしてきたkilk recordsだが、このEPはそういった枠を大きく飛び超えるような、レーベルにとっても新章とも言える作品となりそうだ。 ※11月8日発売。

1.Always Hope
2.Sweeper
3.Cut And Paste
4.Passing Through The Gates
5.Levitate
6.The Reason
7.Good Luck